【長崎博覧会】会場は文化財

2016-06-28

0 1 2 3

会場の旧波佐見町立中央小学校講堂兼公会堂

ハッピータウンボーイズのメンバーであり建築プランナーの里山さんと会場設営の打ち合わせです。とても頼りになります。

会場内。文化財を守るため、イベントの売上の一部は旧講堂の修繕費として寄付します。

会場のすぐ近くにある長崎ちゃんぽん「有田屋」さん。こちらもレトロな雰囲気の一軒家です。

創業三百周年を迎える今年、全国5地域で開催される大日本市博覧会。

その第三回目となる「長崎博覧会」を

シルバーウィーク 9/22(木・祝)~9/25(日)に開催します。


先日、会場である旧講堂を視察してきました。

今は滅多に使われることのない旧講堂(旧波佐見町立中央小学校講堂兼公会堂)ですが、

実は、国登録有形文化財にも登録されています。

和洋の要素を取り入れた玄関と木造の瓦葺きが特徴的な、とてもレトロな建物です。

中は中心が大きな吹き抜け、その周辺を低い天井が囲っており、教会堂のような雰囲気。

音響的にも評価されていたそうです。


この広々とした講堂と、更に広い外の敷地全体を使って、

長崎博覧会(ハッピータウン波佐見祭り)は行われます。


講堂内では、各ブランドがここだけでお披露目するシークレット蔵出し市、

オリジナルのそば猪口やお皿などが作れるワークショップや

モノポリー大会の開催、更に会場の両脇には、九州のモノマーケット「thought」が登場します。


外では、波佐見焼で楽しむ飲食ブース、祭りやぐらで楽しむDJ皿踊りや、

ライブ、大きなこどもの遊び場を設置など、イベント盛りだくさんとなりそうです。


※ イベントの売上の一部は旧講堂の修繕費、熊本での震災の復旧支援にあてられます


長崎博覧会目次

ハッピータウン波佐見祭り特設サイト

tag:

長崎博覧会